症例写真

症例写真

眼瞼下垂手術で目の開きを改善

施術内容
眼瞼下垂(埋没法)

左がメインの眼瞼下垂症状で二重幅が広くなっています。眼瞼下垂症の埋没法で治療しました。

眼瞼下垂(埋没法)_Before
Before
眼瞼下垂(埋没法)_After
After(術直後)

術直後でも腫れはほぼなく、自然に下垂症状の改善を認め、ぱっちりとしたお目元になっております。

眼瞼下垂症の治療には大きく分けて埋没法と切開法がございます。
埋没法のメリットは術直後でもほとんど腫れないことです。デメリットは糸で止める方法のため、外れやすいことや生理的な構造の改善ではないので、複数回手術には向いていないこと、高度な下垂症状ですとあまり改善しない可能性があることです。
一方切開法のメリットは生理的にしっかりと症状を改善させることができることですが、埋没法に比べるとダウンタイムが長くなるため、社会的な事情などで腫れがどうしても許容できない方には埋没法も良い適応かと思います。

私のオフィシャルブログ、インスタグラムもあわせてご参考ください。
https://ameblo.jp/seishin-kawabata/entry-12754715731.html
https://www.instagram.com/seishin_kawabata/

六本木院 銀座院 横浜院医師
六本木院 銀座院 横浜院医師
川端 優也 医師

眼瞼下垂(埋没法)

処置方法 極細のナイロン糸にて、結膜側でミューラー筋や挙筋腱膜をタッキング(縫い縮める)
リスク・副作用 【埋没法】術後の腫れ、結膜浮腫、異物感、ドライアイ、視力の変化、眼瞼痙攣
費用 200,000円

合計金額/200,000円(220,000円)

※()内は税込みの金額です。

※料金、リスク・副作用、施術内容は登録時点での情報となります。最新の情報はクリニックへお問い合わせください。

「眼瞼下垂(埋没法)」を
もっと知りたい方はこちら